40歳以上の求人を見つける!知って得する探し方

*

よくある応募書類のミスをなくそう!

   

よくある応募書類の単純なミスとは?

 履歴書や職務経歴書といった書類を作成する際に、基本的な体裁に関して問題があるとそれだけで読んでもらえなくなる可能性もありますので注意しましょう。

・枚数が3枚以上
・・・応募者が多い会社の場合、1人の応募者の書類にかける時間は1分以内というケースもあります。何枚も書き連ねた職務経歴書を提出する人がいますが、書類をまとめる能力に問題ありというレッテルを貼られる可能性も。書類は多くても3枚までにまとめましょう。

・色がついた用紙
・・・色がついていたり柄ものの用紙に応募書類を印刷して送るのはマナーに反しています。

・雇用形態が分からない
・・・アルバイト経験らしいのに正社員の経歴と同様に並べて書いてあったりすると採用担当は不可解に思います。「正社員」「契約社員」「派遣社員」「アルバイト」くらいの雇用形態の違いは一目で分かるような記載の方法を工夫する必要があります。

・略語が目立つ
・・・「(株)」とか「(有)」という略語を応募書類に使用するのは不可です。会社の名称は省略しないで正確に記載しないとビジネスマナーを疑われます。

採用担当者に読んでもらえないレジュメとは?

・フォントが小さすぎる
・・・採用担当は中高年が大半で、細かい活字を見ただけで内心うんざりしてしまう人も多いです。小さすぎるフォントはメガネをわざわざ外して読まざるをえず、応募者の多い求人案件の場合、応募者1人あたりにそれほど時間をかけられないという事情もあって、履歴書だけ読んで職務経歴書は読んでもらえなかったりします。

・全体のバランスが整っていない
・・・履歴書などは枠の左端に文字が寄り過ぎているとか、電話番号の数字が小さすぎるとか、職務経歴書に表が載っているけれど、あまりきれいに分かりやすい表になっていない等、パソコンで書類を作成するのであれば、お手本を参照に、とにかく見た目にきれいで分かりやすい書面にすることが大切です。文章の途中で改行して、端が揃っていないなどは減点対象です。

・既視感があり個別性に欠ける
・・・応募者が職務経歴書を作成する際に、ハローワークなどで無料でもらった「職務経歴書の書き方」等マニュアルに載っている雛型を丸写しにしているために、どこかで読んだことのあるような文章しか書いていない書類は不可です。ちゃんと自分の言葉で自分の仕事ヒストリーを語りましょう。

 - 職務経歴書・履歴書の書き方

  関連記事

MS251_memotonewsp500
アピールポイントの書き方

①40代以上がアピールしたらマイナスになることとは?  一般的に高齢になると転職 …

履歴書の書き方の留意点

書類選考を通過する履歴書を書く  40歳以上のミドル世代が応募可能な求人の場合、 …

職務経歴書の書き方を学ぶ

職務経歴書に入れるべき要素とは?  これまでの実務経験を整理して書くことが必要な …

職務経歴書の書き方の留意点

書類選考を通過する職務経歴書を書く  40歳以上の求職者の職務経歴書で見られてい …

履歴書や職務経歴書の書き方について

履歴書や職務経歴書の書き方で悩んだら  40歳以上の求職者にとって、まずは面接ま …