40歳以上の求人を見つける!知って得する探し方

*

アピールポイントの書き方

   

①40代以上がアピールしたらマイナスになることとは?

 一般的に高齢になると転職は難しいと言われており、特に40代ともなると厳しくなってきます。転職は20代後半から30代前半あたりが最適が時期といった認識があります。そのため、40代で転職する際に面接時のアピールはとても重要です。そこで間違ったアピールをしてしまうと、逆にマイナスな印象を与えることになるので、気をつけましょう。

「マイナスとなるアピールポイント」
・前職での給与や年収を伝える
・とても、大変などのアバウトな表現は避ける
・前職での貢献度を主観的に伝える

 年齢が高くなるにつれて、一般的に給与が上がります。しかし、40代での転職だからといって、いきなり高い給与を支払うのは微妙です。企業としては年齢が高くても新入社員には変わりませんので、だったら給与の安い若い人を採用します。また、40代ともなるとこれまでに色々な実績を積んできています。その経験や実績をアピールする際には、より具体的な表現を使ってアピールする必要があります。とても大変でしたなどのような曖昧な表現では、その実績が伝わりません。何をどれぐらいやって、その結果がどのようになったのかを、数字などを使って具体的にアピールすると効果的となります。

②40代以上のアピールポイントとは?
 仕事に関してのスキルや経験はもちろん求められますが、専門的な能力以外にも、仕事に対する適応能力も重視されます。職場が変われば全てが変わりますので、色々な場面に遭遇します。仮にトラブルが起こった際にどういうふうに対処するのかといった能力が大切なのです。環境の変化がありますので、そこに対して柔軟に対応できる人間に対して、仕事を任せるのが会社です。
また、40代ともなると資格を持っている方も多いでしょう。転職する職場によって関係があるかは分かりませんが、アピールしておいて損はありません。ただ、企業側としては資格の有無よりも、実務経験の方を重視します。当たり前の話ですが、資格を持っていても能力が低い人よりも、資格がなくても能力が高い方が良いです。ただ、資格を持っていないと扱えないような業務もあるため、何か資格を持っている場合には、それを活かせる職場を探すのも手です。
 

 - 職務経歴書・履歴書の書き方

  関連記事

職務経歴書の書き方を学ぶ

職務経歴書に入れるべき要素とは?  これまでの実務経験を整理して書くことが必要な …

履歴書や職務経歴書の書き方について

履歴書や職務経歴書の書き方で悩んだら  40歳以上の求職者にとって、まずは面接ま …

職務経歴書の書き方の留意点

書類選考を通過する職務経歴書を書く  40歳以上の求職者の職務経歴書で見られてい …

履歴書の書き方の留意点

書類選考を通過する履歴書を書く  40歳以上のミドル世代が応募可能な求人の場合、 …

よくある応募書類のミスをなくそう!

よくある応募書類の単純なミスとは?  履歴書や職務経歴書といった書類を作成する際 …