40歳以上の求人を見つける!知って得する探し方

*

会社からの引き止めをかわし、無事に退職するためには何が必要なのか

   

対立を避けながらも、意志を曲げないこと

 上司や会社と対立するのは避けつつも、しかし退職の意志は一切曲げないこと。転職者が会社から引き止められた時に考えるのは、まさにこれではないでしょうか。

 ある程度下手に出る必要はあるでしょう。あなたを引き止めるのは直属の上司でしょうし、その人と対決姿勢を露にするのは社会人として賢いやり方とは言えません。どのような引き止めにあっても、上司と部下の関係は変わらないですし、会社に雇われているという事実も変わらないのです。

 しかし、だからといって意志を曲げてしまうと退職も転職もできません。なるべく納得してもらうよう努力をし、そのための戦略をあなたも考える必要が出てくるのです。

退職は避けられないと説明する

 会社からの引き止めを回避するには、相手に納得してもらわなければなりません。相手が納得しているかどうかは別にしても、納得せざるを得ない、退職を避けることはできないという事実を伝える必要が出てくるでしょう。

 例えば、既に転職先が決まっていれば、これは退職を避けることはできません。転職予定の企業にも迷惑がかかるわけですし、既にあなたが退職届等を出しているのであれば、会社はこれを強引に引き止めることはできないと考えられます。

 このまま会社に残っても実現できないことがあり、それを上司にしっかりと示すことができれば、これも向こうが納得をせざるを得ない材料となるでしょう。

可能であれば時間をかけよう

 転職活動をどう進めていく予定なのか、あるいは既に転職先が決まっているのか。あらゆる状況を考えた上で退職時期を検討すると思いますが、会社から引き止められた時、この退職時期を少しでも調整することができるならば、そうしましょう。

 引き止められたから、それを回避するために無理矢理辞める、すぐに辞める、相手を無視して辞める。これはいただけません。しっかりと話し合って円満退職を目指すべき。引き止めに関して対応するのは非常に面倒な作業となりますが、それでも可能な限り時間をかけて納得してもらった方が、モヤモヤした気持ちもなく転職できるはずです。

【関連記事】
退社と手続き
入社と手続き
入社の挨拶の注意事項

 - 退職する際の注意点

  関連記事

no image
退職願の必要性と書き方について

「退職願」は出さないといけないのか?  「退職願」は法的には出さないといけないと …

no image
円満退社をするために

円満退社をする方法とは?  もしあなたが転職を考えていて、円満退社を目指している …

退社と手続き

健康保険と年金の手続き  40歳以上の転職で、退職後に次の会社に入社するまでに間 …

引き継ぎや財務処理のスケジュールを立てよう!

引き継ぎや財務処理のスケジュールを立てよう  立つ鳥は後を濁さず、という言葉があ …

入社の挨拶の注意事項

入社初日の印象が大事  40歳以上での中途採用の場合、新たな職場になじめるかどう …

入社と手続き

まずは労働契約内容を確認する  内定の連絡を受けたら、真っ先にすべきことは、承諾 …