40歳以上の求人を見つける!知って得する探し方

*

入社と手続き

      2015/10/30

まずは労働契約内容を確認する

 内定の連絡を受けたら、真っ先にすべきことは、承諾の返事をすることではありません。会社から書面で、労働契約内容を明示してもらい、求人票や面接時の説明と相違がないか、自分が納得できる条件になっているのかを、きちんと確認します。

 労働基準法では「労働契約期間」「働く場所・仕事内容」など、最低限の項目を明示するように義務付けていますので、必ず書面で確認してください。また、40歳以上の内定者の場合、勤務条件の交渉をしたいと考えるひともいることでしょう。

 その場合は、労働契約内容の確認時に、内定先企業と話し合ってください。

入社に必要な書類を揃えて出社する

 転職先に入社するにあたって、社会保険加入などで必要な書類がいろいろあります。労働契約内容の確認で企業を訪れたときに、可能な限り書類を受け取るようにしましょう。

 一般的に提出が求められるのは、「年金手帳」「雇用保険被保険者証」「源泉徴収票」「扶養控除等申告書」「健康保険被扶養者異動届」「給与振込先の届書」などです。

 企業によっては、これ以外に「従業員調書」や「健康診断書」「入社誓約書」「身元保証書」などの提出を求めることもあります。

【関連記事】
退社と手続き
入社の挨拶の注意事項
会社からの引き止めをかわし、無事に退職するためには何が必要なのか

 - 退職する際の注意点

  関連記事

会社からの引き止めをかわし、無事に退職するためには何が必要なのか

対立を避けながらも、意志を曲げないこと  上司や会社と対立するのは避けつつも、し …

no image
円満退社をするために

円満退社をする方法とは?  もしあなたが転職を考えていて、円満退社を目指している …

no image
退職願の必要性と書き方について

「退職願」は出さないといけないのか?  「退職願」は法的には出さないといけないと …

入社の挨拶の注意事項

入社初日の印象が大事  40歳以上での中途採用の場合、新たな職場になじめるかどう …

引き継ぎや財務処理のスケジュールを立てよう!

引き継ぎや財務処理のスケジュールを立てよう  立つ鳥は後を濁さず、という言葉があ …

退社と手続き

健康保険と年金の手続き  40歳以上の転職で、退職後に次の会社に入社するまでに間 …