40歳以上の求人を見つける!知って得する探し方

*

円満退社をするために

   

円満退社をする方法とは?

 もしあなたが転職を考えていて、円満退社を目指しているなら、きちんと手順を踏んで根回しをしなければなりません。というのも、40歳以上であれば、社内で負っている責任も重く、自分が抜けた後に勤務先に迷惑がかならないよう、きちんと引継ぎを行うのが礼儀だからです。在職中に転職活動を始めるにせよ、内定したからすぐに退職できるというものではありませんから、きちんと転職計画をたてて、勤務先での業務の引継ぎがスムーズに進むよう、しっかり計画をたてましょう。

 また、退職までの段取りとしては、直属の上司に退職願を提出することに始まり、話し合いのうえで退職までの引継ぎスケジュールを確認・遂行し、退職届を出し、退職日を迎えるのが一般的です。こうした退職の手続きは、きちんと進めていきましょう。

なぜ円満退社をしないといけないの?

 40歳以上で転職をしたいと思うからには、相応の理由があることでしょう。ですが、企業の立場にたってみると、管理職として組織運営を担ってほしいミドル世代が転職していくのは、大きな痛手であることも事実です。40歳からの転職のほとんどが、同じ業界や職種であることを考えると、円満退社をして遺恨を残さないのが得策です。

 なぜなら、クライアントや取引業者と、どんな形でニアミスをすることになるか、わからないからです。自分の都合だけで、会社に迷惑をかける辞め方をしてしまうと、業界内に悪い噂を流されて、その後の仕事がしにくくなることも多いものです。縁があってお世話になった会社なのですから、そこでの人間関係を大事にできるよう、誠意を尽くして円満退社するようにしましょう。

ビジネスマンとして大成するために

 40歳以上の転職であれば、ビジネスマンとしてどんなキャリアを形成したいか、自分なりに明確になっていると思います。それを実現するためには、周囲に認められるビジネスマンにならなければなりません。転職を繰り返しても、過去の勤務先に出入りができるのは、円満退社をしたからです。

 そうした人的ネットワークがつくれないようでは、ビジネスマンとして大成するのは難しいものです。ひととして礼節を尽くすという意味でも、円満退社できるよう、心を砕いてくださいね。

 - 退職する際の注意点

  関連記事

退社と手続き

健康保険と年金の手続き  40歳以上の転職で、退職後に次の会社に入社するまでに間 …

no image
退職願の必要性と書き方について

「退職願」は出さないといけないのか?  「退職願」は法的には出さないといけないと …

引き継ぎや財務処理のスケジュールを立てよう!

引き継ぎや財務処理のスケジュールを立てよう  立つ鳥は後を濁さず、という言葉があ …

入社の挨拶の注意事項

入社初日の印象が大事  40歳以上での中途採用の場合、新たな職場になじめるかどう …

入社と手続き

まずは労働契約内容を確認する  内定の連絡を受けたら、真っ先にすべきことは、承諾 …

会社からの引き止めをかわし、無事に退職するためには何が必要なのか

対立を避けながらも、意志を曲げないこと  上司や会社と対立するのは避けつつも、し …