40歳以上の求人を見つける!知って得する探し方

*

求人情報の探し方とは?

   

求人情報の種類を知ろう

 かつては40歳以上の求人探しといえばハローワークが定番でしたが、現在はさまざまな求人メディアがあります。そうした求人情報の種類と、それぞれのメリットについて、まとめておきましょう。現在、求人情報が最も集まっているのが「転職サイト」といわれる、求人メディアです。あらゆる地域、業界、職種の求人情報が集まっており、希望条件に合った求人を検索しやすい、企業からのスカウトが待てるなど、さまざまなメリットがあります。

 次に、企業と登録者をマッチングして、最適な求人を紹介してくれる「転職エージェント」があります。専任のキャリアコンサルタントとカウンセリングを行ったうえで、求人情報を紹介してもらえるので、その後のサポートもきめ細かい点がメリットとなります。ハローワークや地元に特化した求人情報誌は、居住エリア内の求人情報を数多く取り扱っています。こうしたメディア別の特徴を理解し、自分がアクセスしたい求人情報がどこで見つかるのかを、考えてみるのもよいでしょう。
 

効率的な情報収集をするためのポイントとは?

 効率的に求人情報を収集するためには、メディアを一つに絞り込むのではなく、複数のものを併用して活用することをおすすめします。

 転職活動を行う際、求人票を読み込むことで、ある程度、ブラック企業か否かを判断することができますが、職場の雰囲気になじめるかどうか、自分がこれまで培ってきたキャリアやノウハウが通用するかどうかなど、多角的に情報を集めて判断する必要があります。

 その点、転職サイトや転職エージェントは、業界や職種、企業に精通しているので、ハローワークや求人情報誌では得られない情報を持っていることが多いので、情報源として活用できます。 

情報を取捨選択する目を持とう!

 情報にも鮮度があり、紙に書かれたものは事実として定着しやすいですが、口コミ情報だと信ぴょう性は低いなど、それぞれにメリットとデメリットがあるものです。応募企業について情報を集めるのは、企業研究をするうえでも、応募書類を作成するときにも役立つものですが、そのすべてが事実とは限りません。

 豊富な情報の中から、取捨選択する目を養うことが、とても大切です。日ごろから、業界や職種、企業の情報の見極め方について、勉強しておきましょう。

 - 情報収集

  関連記事

応募する会社の概要を調べよう!

応募する会社の概要を調べよう  40歳以上の人材を求める求人が、2014年に入っ …

求人情報媒体の選び方

求人情報媒体の違いとは  求人情報媒体をあげてみると、「転職サイト」「転職エージ …

転職サイトのスカウト機能の使い方

転職サイトのスカウト機能とは  転職サイトに希望条件を登録しておくと、毎週新着情 …

転職エージェントの使い方

転職エージェントの求人紹介  転職エージェントに登録すると、まずキャリアコンサル …

no image
自分の条件やこだわりを明確にしよう!

自分の条件・こだわりを明確にしよう  転職を考えている40歳以上の男女ならいろい …