40歳以上の求人を見つける!知って得する探し方

*

自分の条件やこだわりを明確にしよう!

   

自分の条件・こだわりを明確にしよう

 転職を考えている40歳以上の男女ならいろいろな希望条件や譲れないこだわり条件があります。中でも40歳以上になると既婚者が大半で、生活ががかっていますから、「年収」に関しては絶対にこのライン以上という条件があらかじめ決まっているでしょう。

 「年収」が譲れない条件であり、それに加えて、「勤務地」(子供がいる場合は転校させたくない等)、「正社員」(派遣は嫌だ等)、「仕事内容」(前職と同じ業種、もしくは異業種、そのこだわりの理由をはっきり説明できるようにしましょう)、「企業規模」など、希望・こだわり条件、それから「こういう会社だけは絶対に嫌だ」という負の条件があればそれを把握するためにも、自分で表にしてみましょう。

 そして優先度順に並べ替えてみましょう。優先度の高い条件を3つ以上満たしているなら応募してみるべきで、条件全てを満たす会社は誰にとってもなかなか無いものです。

条件を明確にするメリットとは?

 転職先に対する条件を優先度順に並べ替えることによって、自分が希望する会社を大量の求人情報から見つけやすくなります。たとえば、「年収400万円以上の正社員の事務職」を希望していた人がいたとして、「年収400万円」はクリアーできるけれど正社員ではなかったり、年収400万円以上で正社員ではあるけどガテン系の作業員だったりする求人に対しても、自分で取捨選択しやすくなります。

 自分の希望条件を全部一度に満たしてくれる会社が近所にあって頻繁に求人を出しているというケースは稀です。譲れない条件を明確にすることによって、転職を繰り返す人生になることを予防することができます。

 たとえば「東京を離れるのは絶対に嫌だ」という人でなければ「全国転勤可」で応募先を探したほうが応募できる会社の数がどんと増えるでしょうし、逆に「どうしても東京でないと暮らせない」人は、最初っから「転勤無し」と明記してある会社のみを応募するべきでしょう。本社は東京でも全国に支社がある会社の場合、入社すればいつ異動を命じられても不思議ではないのですから、支社の有無も確認しましょう。

 「できれば正社員がいい」という希望も同様で、正社員じゃないけど高時給で、正社員より年収ランクが高いという飲食業の契約社員もありますから、自分の中の優先順位を元に比較対象に加えるべきです。

 - 情報収集

  関連記事

求人情報媒体の選び方

求人情報媒体の違いとは  求人情報媒体をあげてみると、「転職サイト」「転職エージ …

転職サイトのスカウト機能の使い方

転職サイトのスカウト機能とは  転職サイトに希望条件を登録しておくと、毎週新着情 …

転職エージェントの使い方

転職エージェントの求人紹介  転職エージェントに登録すると、まずキャリアコンサル …

no image
求人情報の探し方とは?

求人情報の種類を知ろう  かつては40歳以上の求人探しといえばハローワークが定番 …

応募する会社の概要を調べよう!

応募する会社の概要を調べよう  40歳以上の人材を求める求人が、2014年に入っ …