40歳以上の求人を見つける!知って得する探し方

*

退職願の必要性と書き方について

   

「退職願」は出さないといけないのか?

 「退職願」は法的には出さないといけないということはありません。任意の書類です。労働契約に関する法律によれば、労働者が口で「辞めます」と上司に言えば退職できます。しかし単に労働者が「やめたい」と言っただけでは辞めることはできず、会社側の承諾があってはじめて労働契約の解約(退職)が出来ることになっています。

 一般に口で「やめます」と言っただけだと記録が残りませんので、後々「言った」「言わない」のトラブルの元になったり、事務手続きが煩雑になりますね。それを防ぐ目的で、会社の就業規則に「退職する場合は退職願を提出すること」というルールが盛り込まれているのです。ですから正式に退職するまでは会社の就業規則に従う必要があります。

 ちょっと話が細かくなりますが、法的には退職願を出したことは退職の意思表示にはなりません。自分で口で「やめます」と言った時点で意思表示になるので、退職願を提出した時点がはじめての意思表示である場合を除き、退職願を出すという行為は意思表示とは見なさないのです。

退職願の書き方
 
 退職願の書き方は会社の就業規則に書いてあるのでそれに従うのが一番です。基本的なポイントをまとめてみましょう。

・白い縦書きの便せんに黒インクのサインペンなどで書きます。封筒は縦長の白が望ましいです。表の真ん中に「退職願」と書き、裏に部書名と自分の氏名を書きます。

・文章の書き出しは「私事」「私儀」、表題は必ず「退職願」として、1行目の中央に書きます。

・退職理由ですが「一身上の都合」とだけ記入しましょう。

・退職日ですが、会社側と相談して決めた日付をきちんと記入します。

・あと署名と押印も必要です。自分が所属していた部署と名前を書いて、その下に押印します。

・宛名ですが社長名です。自分の名前の位置は社長の名前より下に書きましょう。

 インターネットで検索するとすっきりと見やすい退職願のフォームの画像が出てくるので参考になります。

注意!

 退職願は「自分から会社を退めました」という証拠書類です。自己都合で辞める場合のみ提出する書類ですので、会社都合で辞める人は書いてはいけません。

 - 退職する際の注意点

  関連記事

退社と手続き

健康保険と年金の手続き  40歳以上の転職で、退職後に次の会社に入社するまでに間 …

入社の挨拶の注意事項

入社初日の印象が大事  40歳以上での中途採用の場合、新たな職場になじめるかどう …

no image
円満退社をするために

円満退社をする方法とは?  もしあなたが転職を考えていて、円満退社を目指している …

引き継ぎや財務処理のスケジュールを立てよう!

引き継ぎや財務処理のスケジュールを立てよう  立つ鳥は後を濁さず、という言葉があ …

会社からの引き止めをかわし、無事に退職するためには何が必要なのか

対立を避けながらも、意志を曲げないこと  上司や会社と対立するのは避けつつも、し …

入社と手続き

まずは労働契約内容を確認する  内定の連絡を受けたら、真っ先にすべきことは、承諾 …