40歳以上の求人を見つける!知って得する探し方

*

40歳以上の転職には5つの手順!

 40歳以上の人の転職が成功するのか、それとも失敗するのかは、まさにその人次第。年齢というよりも、その人の能力などによって、明暗はくっきりと分かれてきます。もちろん成功するための方法を誰もが知りたがっているはず。それに繋がるポイントは何か、これをまとめてみましょう。

自己分析と他の人との比較

 あなたは、あなた自身の能力を熟知しているでしょうか?それは、思い上がりや単なる自己評価になってしまってはいませんか?自己分析で自らの能力を割り出したら、それが同世代の他の人と比べてどうなのか、ここまで整理しておきましょう。準備を徹底的に行うことが、明るい未来への道へと繋がります。

【参考記事】
自己分析を徹底する
目的を明確にする
活動の流れを把握する
40歳を超えると途端に活動期間が長くなる?転職希望者に必須の活動期間情報

見つけるべきはギャップが少ない求人情報

 己の能力と、企業が欲する能力とのギャップが少ない求人情報を見つけ出す、これがポイント。40歳以上でもエージェントは十分活用できるので、自分ひとりではギャップの把握が難しいという人は、コンサルタントに相談するなどもしてみましょう。

【参考記事】
求人情報媒体の選び方
転職エージェントの使い方
転職サイトのスカウト機能の使い方

これまでの作業をヒントに書き上げる応募書類

 自己分析と他人との比較、ギャップの少ない求人情報収集、こうしたことを順番に考えこなしていけば、履歴書や職務経歴書に記載しなければならい事柄や内容は自然と発見できるはず。あとは、伝わりやすい言葉や文章をどう選び出すか、ここがポイントとなるでしょう。

【参考記事】
履歴書の書き方の留意点
職務経歴書の書き方の留意点
履歴書や職務経歴書の書き方について

何の能力を見せるかが重要な面接

 何も能力を持たない人はいないはずで、要は、どの能力をいかに表現できるかにかかっているのです。企業が欲していない能力を伝えても無意味。人間性や価値観も含め、企業の欲している人間であることを面接で伝えなければ内定は貰えません。

【参考記事】
守るべき面接マナー
面接でよく聞かれる質問
逆質問で何を聞くか

退職の良し悪しを決めるのは心の持ちよう

 退職にも、それに適した能力というのはあるのかもしれません。しかし、退職に限っては、誠実さと慎重さなどの方が重要でしょう。あとは、我慢強さも求められるかもしれません。いずれにしてもメンタルが結果を左右します。心を整えつつ、退職に励むようにしてください。

【参考記事】
退社と手続き
入社と手続き
入社の挨拶の注意事項
会社からの引き止めをかわし、無事に退職するためには何が必要なのか

公開日:
最終更新日:2015/12/15